楽天カードのetcカード

MENU

楽天カードのetcカードとは?

楽天カードのetcカード

楽天カードで追加できるetcカードとは高速道路を走る際にetcを使えるカードです。専用の機械を設置して、そこにetcカードを 挿入した上で etcゲートを通れば、

 

etcゲート

有人ゲートでの支払いを行わずに高速道路を利用できるので手続きが簡単ですし、etcを利用した割引を受けることができます!

 

楽天カード以外のクレジットカードでも etcカードを追加できるものがありますが、楽天カードの場合は楽天カードの支払いでしか対応してないといった具合に通常はクレジットカードに紐付けされているサービスなので他のカードでの支払いはできません。

 

またクレジットカードと一体型のものもありますが、楽天カードはクレジットカード本体とは別にetcカードが渡される方式です。

 

楽天ETCカードが年会費無料になる方法

楽天etcカードの年会費は通常500円(税抜き) ですが特定の条件を満たすことでこの年会費が無料になります。

楽天ETCカードが年会費無料になる方法@楽天ゴールドカード以上

楽天ゴールドカード

まず楽天ゴールドカード以上のカードは年会費が無料になります。対象となるのは楽天ゴールドカード、プレミアムカード、楽天ブラックカードの3枚です。また法人利用者向けのビジネスカードも1枚目は無料となります。ただしこの中のブラックカードは招待制をとっていますし、ビジネスカードは自営業など法人しか利用できません。

 

これらのカードを利用していれば自動的にetcカードの年会費が無料になりますが、どれもカード自体に年会費が必要となるのでその点は注意が必要です。ちなみに一番安いのはゴールドカードの税抜2000円となっています。

楽天ETCカードが年会費無料になる方法A楽天市場でプラチナ会員以上

楽天市場でプラチナ会員以上

もうひとつの方法が楽天市場でプラチナ会員以上になることです。楽天市場では ポイント獲得額に対してランク制を取り入れており、過去半年間で2000ポイント以上を獲得し25回以上のポイント取得することでプラチナ会員、4000ポイント以上の獲得と30回以上のポイント取得、そして楽天カードの所有でダイヤモンド会員になります。

 

このランクを取得することで楽天市場で様々なサービスを受けることは可能になりますが、その中の一つに楽天etcカードの年会費が無料となるというのがあるというわけです。楽天ポイントは100円で1ポイントなのでetcカードのために狙うと言うよりも、楽天市場のヘビーユーザーに対しての還元サービスの一種と言えるでしょう

 

楽天市場の会員ランクの仕組みとプラチナ会員になる方法を知ろう

楽天会員ランクのランクアップ条件

 

楽天の会員になると、楽天市場で買い物をすると楽天スーパーポイントが加算されることがあり、これを貯めると会員ランクがアップし、様々な特典が得られます。

 

楽天の各会員は

レギュラー

 

シルバー

 

ゴールド

 

プラチナ

 

ダイヤモンド

 

の5つの会員ランクのいずれかに格付けされています。会員ランクは毎月更新され、ある月のランクは前月末日から遡って6ヶ月間の獲得ポイント数と獲得回数によって決まります。

 

ランクアップの条件は

シルバー会員は2回以上ポイントを獲得しており、その合計が200ポイント以上であること、ゴールド会員は獲得回数7回以上かつ獲得ポイントが700以上、プラチナ会員は獲得回数15回以上かつ合計獲得ポイントが2,000以上となっています。

 

そして最上級のダイヤモンド会員は楽天スーパーポイントを30回以上、合計で4,000ポイント以上獲得していて、かつ楽天カードを保有していることが条件となっています。

 

楽天市場のプラチナ会員になる方法@各種保険の支払や公共料金の支払を楽天カード支払にするだけで行ける

楽天のプラチナ会員になる方法として考えられるものの一つに、楽天市場でたくさん買い物をする方法が挙げられます。

 

しかし、楽天スーパーポイントは基本的に購入額の1%分が加算される仕組みであるため、単純に計算すると6ヶ月間で少なくとも15回は商品を注文し、合計20万円分を購入しなければなりません。

単純な方法ですが、プラチナ会員のランクをキープするにはその後も楽天市場で買い物をつづけなければならないので、意外と難しいです

 

楽天のプラチナ会員になる簡単な方法があります

 

保険料や公共料金を楽天カードで支払う方法

それは保険料や公共料金を楽天カードで支払う方法です。楽天カードで決済をすると、保険料については100円ごとに1ポイント、公共料金については代金の1%相当のポイントが加算されます。

 

保険料と公共料金の支払いは1ヶ月で数万円から十数万円にもなるため、あっという間にプラチナ会員になるために必要なポイントが貯まるでしょう。

 

公共料金の支払いを毎月すればプラチナ会員で行ける。半年で2000ポイントなので可能

公共料金の支払いを楽天カード決済にする方法がプラチナ会員になる方法として非常に有効な理由は2つあります。

 

理由@楽天スーパーポイントをためられる事

楽天スーパーポイント

楽天市場で買い物をしたり、楽天トラベルで旅行の申し込みをするより効率よく楽天スーパーポイントをためられることです。楽天カードでは、携帯電話、固定電話、電気、ガス、一部の新聞の料金の決済に対応しており、これらの公共料金の1ヶ月の支払額が3万4千円を超えていれば、半年間で2,000ポイントに達するノルマは確実にクリアできます。

 

理由A支払い1件ごとに回数が数えられる

公共料金の支払い1件ごとにポイント獲得回数1回とカウントされ、カード決済にすることで何もしなくても1つの公共料金につき楽天スーパーポイントを6回獲得できることになるためです。

 

電気、ガス、携帯電話の支払いをカード決済にすれば、6ヶ月間でのポイントの獲得回数は18回となり、半年間で15回以上ポイントを獲得するノルマもクリアできます。

 

年会費永年無料の楽天カード

楽天カード 新規申し込みはこちら

 

 

>>楽天カード 申し込み方法 TOP